FC2ブログ
未分類 2011.06.24 (金)
 愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院は23日、記者会見を開き、嘘の養子縁組で親族間の生体腎移植を装ったとされる臓器売買事件で、臓器移植法違反(臓器売買の禁止)などの疑いで逮捕された堀内利信容疑者(55)が昨年7月、同病院で生体腎移植を受けていたことを公式に認めた。

 病院によると、同年6月ごろ、堀内容疑者が関東の徳洲会関連の病院を受診した際に、医師に移植を希望していることを告げ、宇和島徳洲会病院で手術を受けることになった。

 ドナーは、堀内容疑者と6月に養子縁組をした20代の男性で、万波誠医師の執刀により、7月29日に手術が行われた。堀内容疑者とドナーの男性は同居はしていなかったが、約5年間の付き合いがあったという。

 養子縁組による生体腎移植のため、同病院では7月22日と23日に倫理委員会を開いた。一部委員から「今回の移植で、対価が支払われた可能性があるのでは」といった指摘があったが、堀内容疑者への面談などの結果、「2人の信頼関係が確認できた」などとして、最終的に移植を承認したという。

う~・・・・頭が痛い事件です。
移植が行なわれたのが昨年の7月29日、約1年前の事です1年も明るみに出ない体制もどうかと思うし、どの様な訳があつたにしても自分の事しか考えない医師・・・・20代の此れからの人生の青年に対しての責任はどうするのかと・・・・こんな医師がいる事に驚きとショック

明日から大阪に勉強に行きます。
一杯勉強して、高知のがん患者の支援に役立つ事を願っています。
スポンサーサイト