FC2ブログ
未分類 2012.02.08 (水)
先日、ペプチドワクチン療法がNHKで放映され、数多くの方から問い合わせがあります。
何人かの患者さんにペプチドワクチンを紹介しましたが、此れと言った成果が出ないままです。
しかし、肺がん患者さんにはペプチドワクチンにより今後の抗がん剤治療副作用を軽減することができました。
以前副作用の辛さに抗がん剤を諦めていましたが、今は副作用もなく抗がん剤治療を続けています。
しかし、残念ながら胃がんに対してはそれ程の効果はないといわれています
「ペプチドワクチン療法」では、「ペプチド」を体の中に投与し、増やすことでリンパ球の働きを活発にし、がん細胞をどんどん攻撃させようという療法なのですが全てのがんに効果があるものでもありません。 日本各地の大学や病院でこの臨床試験が行われています。臨床試験の参加条件も事細かに決められており、白血球の型や遺伝子の種類があうなど一定の条件が必要です。
スポンサーサイト