FC2ブログ
未分類 2012.02.11 (土)
おいしく食べる、ぐっすり眠る、自分らしく活動する。
がん患者さんが欲しいのは、そんな当たり前の日常生活。
医療器具を付けたままの退院、外来治療の継続、体調不良や痛み…。外来がん患者さんには、疑問や不安がたくさんあるはず。
一番不安なのは自分の気持ちを分ってほしいと、自分の病気と同じ仲間と語り合い勇気が欲しいと訴えます。
「独りでいると・・・・悪い事しか考えないそこに行けば仲間に会えるそして自分の不安を話し分ってもらえる場所が欲しい」と
そうした場所としてサロンがあるのですが、月に一度のサロン日に用事があったりとなかなか参加できない、
恐怖に押しつぶされそうになった時ふと出かけられる場所が欲しいと・・・・

落ち着いて寝転がって話せる古民家を探していたのですが、中々場所の提供がありませんでしたが、「一喜会」の会員さんから是非私の家(現在使ってない家)を使ってくださいとの申し出を頂き昨日、見せて頂きました。
ご家族も賛成してくれたとの話も聞く事ができました。
場所は土佐市、高知市から車で30分の所、
静かな環境と前には庭もあり四季折々に触れられる場所です。
どの様な仕組みにするか、話し合いながら実現を目指します。
何か良い提案があればお知らせください。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gankanjyasien.blog89.fc2.com/tb.php/173-9f6c2d4b