fc2ブログ
未分類 2012.04.21 (土)
今日は朝から雨・・・
なんだか心が晴れません。

よい方向に病状が改善していても突然悪い状況に陥ったりとその症状には不安も関係しているようです。
一般に、神経症の原因は心理的な出来事(心因)とされていますが、実際にはそのような出来事がみられないこともしばしばあります。全般性不安障害の場合も、何らかの精神的なショック、心配ごと、悩み、ストレスなど、精神的原因と思われる出来事のあることもありますが、まったくないこともあり、また、過労、睡眠不足、かぜひきなど、一般的な身体的悪条件がきっかけで発症することもあります。日常生活上のさまざまなストレスを背景に、いつのまにか発症しているというのが普通です。
 全般性不安障害はもともと神経質で不安をもちやすい性格の人に多くみられ、女性に多く、男性の倍以上といわれています。
 何かにつけて過度の不安・心配がつきまとい、それが慢性的に続く(診断基準では6カ月以上)のが特徴で、不安は種々の精神・身体症状を伴っています。多くの患者さんは身体症状のほうを強く自覚し、どこか体に異常があるのではないかと考え、あちこちの病院で診察や検査を受けるのが常ですが、症状の原因になるような身体疾患はみられません。
 経過は慢性で、日常生活のストレスの影響を受け、よくなったり悪くなったりしながら多くの場合何年にもわたって続きます。途中から、気分が沈んでうつ状態となり、うつ病に移行することもあります。

そんな時は気分の切り替えが大切です。
私の場合は・・・・
「え~い、嫌なことは忘れてしまえ、思い出さない事」にしています。
「そんなこと出来ない」と・・・・悩んでいても1日は24時間、笑っても24時間
そう思うと少しは楽になるのでは・・・・・
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gankanjyasien.blog89.fc2.com/tb.php/214-2e8a9078