FC2ブログ
未分類 2013.04.10 (水)
都道府県がん対策推進計画の案に対するパブリックコメント(パブコメ)募集に対して、ご意見を提出され
たことと思います。そうしたパブコメがどのように扱われ、計画文の変更などの影響を与えたか、検証をしておくことも大切と考えられます。

高知県は、「高知県がん対策推進条例の条文を追加してほしい」との意見に対して、議員発議の条例であり、がん条例のテーマはがん計画そのものではないものの、「条例の見直しにつきましては、平成25年度に具体的な検討
作業を進めたいと考えております」と、考え方を示しました。
また、回答のなかで、「平成25年度には、第2期高知県がん対策推進計画のアクションプランの策定を予定しております。アクションプラン策定の際には作業部会を設置し、分野ごとに具体的な取組を検討することとしております」と、計画の進捗管理の考え方の説明もしています。

がん患者等への支援に付いてのパブリコメントには次の意見が出されました

がん相談センター、がん患者の会の存在について、がんの告知を受けた段階等早期に知ることができるよう広報してほしい。

拠点病院には患者や家族の心のケアができるようにケア要員を置いてほしい。

スピリチュアルケアワーカーをがん診療連携拠点病院、緩和ケア病棟のある医療機関に設置してほしい。

病院以外に、医療費の相談(高額の薬や保険のきかない治療等)ができる場所をつくってほしい。

抗がん剤治療に対する助成制度を作ってほしい。

がん患者に対する税金の控除制度を作ってほしい。

各種手続を代行する窓口を設置してほしい。

限度額申請書を各病院窓口でもらえるようにしてほしい。

がん患者が利用できる制度(介護保険、高額医療費等)が分からない。また、手続を代理で行う機関を設置してほしい。

などがあり率直なご意見に今後もこれらの意見を真摯に受け止め検討していく必要性があると思います
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://gankanjyasien.blog89.fc2.com/tb.php/357-ad4b1339