スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2013.12.20 (金)
田村憲久厚生労働相は8日、地域の小児がん診療のけん引役を担う小児がん拠点病院(拠点病院)に、全国7ブロックの15施設を指定、同日中に通知した。指定された各施設は、地域での確実な連携を推進する必要があるため、半年以内にブロック内の医療機関の役割分担や連携方法などを盛り込んだ計画書を提出する。

 厚労省の「小児がん拠点病院の指定に関する検討会」は1月、同検討会の9人の構成員による評価結果を基に、拠点病院として15施設を選定していた。

 指定された施設は、次の通り。

 北海道ブロック=北大病院▽東北ブロック=東北大病院▽関東ブロック=埼玉県立小児医療センター、国立成育医療研究センター、東京都立小児総合医療センター、神奈川県立こども医療センター▽東海・北陸・信越ブロック=名大医学部附属病院、三重大医学部附属病院▽近畿ブロック=京大医学部附属病院、京都府立医科大附属病院、大阪府立母子保健総合医療センター、大阪市立総合医療センター、兵庫県立こども病院▽中国・四国ブロック=広島大病院▽九州ブロック=九大病院
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gankanjyasien.blog89.fc2.com/tb.php/402-375b607c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。